公証役場に行く理由

株式会社の会社設立で公証役場に行く理由とは

株式会社の会社設立では、定 款を作成した後に公証役場で認証の手続きを経なければなりません。その際には認証手数料を支払わなければなりません。この手続きは法律によって定めら得ていますから、株式会社の会社設立には必ず行わなければならないのです。なぜこのようなことが法律に定められているのでしょうか。これにはいくつかの理由がありますが、法律の専門家によるチェックという意味と、第三者が確認したという意味とがあります。

公証役場では公証人が定款をチェックしてくれます。法律の専門家である公証人がチェックしてくれますから、問題があれば指摘してくれるでしょう。ありきたりな定款を作成しているのであれば問題はあまりないでしょうが、やはり法律の専門家がチェックしてくれるということは大事ですし、第三者が定款を証明してくれるということも大事なことだと言えるでしょう。

会社設立の規模があまり大きくない場合には、そこまでしなくても良いだろうと考える人もいるでしょう。しかし、これは株式会社という会社組織に関係しています。株式会社には多くの利害金記者が存在する可能性があります。
実際に株式会社を運営するのは取締役で、そのうち代表権を持つ人が代表取締役となります。取締役は出資しなければならないというわけではありません。出資した人は株主となります。株主は特定の少数でもかまいませんし、不特定多数でもかまいません。ですから、多くの人がその会社に関係してくるわけです。

利害関係者が増えてくると、いろいろなルールをきちんと決めておかないと経営が混乱する可能性があります。そうならないようにするために定款を作成するわけです。定款は会社の憲法とも言われるもので、これに基づいて会社運営がなされますから、法的なチェックは大事なことなのです。

規模の小さい株式会社の会社設立であっても、将来は規模が大きくなる可能性があります。そのために公証役場で認証を経なければならないと定められています。
将来的に規模が大きくなることを見据えているのなら最初から株式会社設立をするのは良い方法の一つだと言えるでしょう。ただ、最初の内はあまり規模が大きくならないと見込んでいるのなら、株式会社ではなくて合同会社を選ぶのは良い方法の一つだと考えられます。合同会社のほうが設立費用も安いですし、組織設計もシンプルです。規模が大きくなって利害関係者が増えてきた段階で株式会社に変更するのは良い方法です。